不動産の買取

不動産業者に不動産を売却をする場合のどんな感じかといったことですが、土地や家など不動産の売却をするにはその仲介を不動産会社に依頼して、売地や売家の広告を出してもらうそういった流れをイメージするかも知れませんが、仲介ではなく不動産売買業者に売ってしまう手もあります。

 

この方式ですと、不動産の買取額は不動産会社ごとに、わりと違いがあるのが通例ですから、その不動産の買取価格についてその会社の評価額を見積もりを提出してもらって確認しておくことです。この場合において大切なのは決して焦ることはしないでその金額では売りたくないような買取価格を出されたら比較をするために他の不動産売買業者にも聞いてみることです。先に複数の会社に連絡をして、売りたい物件の価格を聞いておくといったことをするほうがよいでしょう。

 

不動産会社によっては、最初は買い手を探すために広告を出して、なかなか買い手が現れない物件に関して不動産会社で買取をすることを考えるといった場合もあるようです。しかし多くの場合には仲介をして手数料収入をえることより転売をした方が利幅が大きいために、現実には買い手は居たにもかかわらず、ウソを言ってなかなか買い手がつかなかったとして自分たちの会社が買取りをすることにして足元を見て安い価格て買取りしようとして転売して儲けようとするような悪徳不動産業者もありますので注意しましょう。